ルールを確認しよう!

シェアハウスのルールはその物件を運営している不動産業者さんが決めることになります。入居後にルールを確認したら、自分には向いていないルールもあって、あまりうまくいかなかった、という話もよく聞きますので、規則やルールはしっかりと確認しておくことをお勧めします。特に他の入居者と共有するスペースに置かれることになる共用設備には、使用のルールが設けられるケースが多く、物件によっては掃除の頻度などについても細かく規定されることもありますので注意が必要です。

よくあるシェアハウスのルールとしては、22時以降の夜間を静かに過ごすためのルールです。たとえば22時以降はシャワーやお風呂の使用を禁止したり、洗濯機の使用を禁止したり、掃除機を使うなどして騒がしい音を出すことを禁止するルールが設けられることになります。この他にも、友達をシェアハウスに招くことに制限がかけられていることが多いので、こちらも注意が必要です。一部のシェアハウスでは友達を招くことを禁止していることもありますし、そうでなくとも運営している不動産会社に事前申請をして許可を得なければならないというルールが設けられることもあるなど、人によっては苦痛に感じる可能性もあるため、注意しておきましょう。

Pocket

Comments are closed.